多くの企業が活用してるawsダイレクトコネクトの魅力に迫る!

ケースによって異なる

ウーマン

手続きの方法とは

現在使っているインターネット回線を引っ越しによって移転する際には、移転手続きが必要となります。これらは転出先の回線事情によって変わってきますから、引っ越しの前段階で加入しているプロバイダに相談する必要があります。引っ越し先の回線が光回線や今現在使っている回線と同じタイプの場合には、引っ越し後に開通工事を行えば完了しますが、新規工事が必要な場合には少々時間がかかることもあります。インターネットの移転手続きが万が一できず解約しなくてはいけなくなったケースでは、違約金が発生する場合にはそれを支払って解約し、引っ越し先で新しい対応回線に加入する形になります。集合住宅の場合にはほとんどの住宅で光回線に対応しているので、特別な手続きは必要ありませんが、旧式の住宅の場合には光回線に対応していないことも多く、移転手続きに少しだけ作業が必要な場合もあります。また引っ越しの際にプロバイダを解約される方も転出先で加入予定のプロバイダが対応しているのかどうかを調べてもらいましょう。回線に対応していない物件の場合には他にプロバイダを再度手配しなければならないので、インターネットの移転手続きを早く終わらせるためにも、事前確認は怠らないようにしましょう。インターネットは対応している物件がほとんどですが、プロバイダによっては使えないこともあるので、それらを必ず確認することで、インターネット移転手続きのトラブルも防げます。